ダイナミックパッケージのメリットとデメリット

ダイナミックパッケージのメリットとデメリット

ダイナミックパッケージとはどういうものなのか?普通に飛行機代や電車代などの交通費とホテルや旅館の宿泊代を予約するのとどう違うのか?そもそもダイナミックパッケージの予約にはどんな得があるのか?マイルは貯まるの?ダイナミックパッケージのメリットやデメリットについて詳しく書いています。

 

ダイナミックパッケージとは?

 

航空機とホテルやレンタカーなどを組み合わせて所定の範囲内でそれぞれ自由に選択、組み合わせることができる旅行商品です。海外ではポピュラーな旅行商品です。国内でもネット予約の普及と一緒に発展しています。

 

交通機関と、宿泊を別々に予約するよりセットで予約すると割安になる?

 

結論から言えば最安値になるとは限らないです。個別に最安値の格安チケットを探せばもっと安くなる可能性があります。しかしかなりの労力と組み合わせを検討しなくてはなりません。予約自体もバラバラにしなくてはならず、キャンセルや変更の場合の労力はなおさらです。通常で購入するより割安だけど最安値とは限らないというところでしょうか。

 

ダイナミックパッケージのメリットは?

 

・普通のパックツアーより選択肢が多い

 

融通が効きます。しかもストレスが少ないというかワンストップの買い物と同じで手間がかかりません。ネットでしかも1サイトで完結できます。飛行機を選びホテルを選びレンタカーも予約するなどと言った煩わしいことが一度の手間で、選べて予約ができます。もちろん予算や人数によって選択肢がありますから選ぶのも自由です。(選択の範囲は決まっている。例えば対象ホテルの数など) 

 

・自分でプランが立てられる

 

行きたいリゾート地や観光地など訪問先を複数にしたり、お気に入りの場所だけ長期滞在にしたいとか、既成のツアーでは不可能なプランが立てられる。行き先の空港と復路の空港が違っても対応できる(通常のツアーパックは同一空港が多い)

 

・直前まで検討でき、変更があっても対応しやすい。

 

普通のツアーは申込期限が7日前ですがダイナミックパッケージの申込期限は3日前までOK 急ぎの出張などには助かります。

 

ダイナミックパッケージのデメリットは

 

デメリットとしてはフリープランほど自由ではない、格安ツアーやチケットほど安くはないということでしょう。ある程度の範囲から選択するようになります。便利で手軽さとトレードオフですね。

 

しかし自由ではないと言っても例えば、航空会社によって1回の予約で最大6名(プラス2名の幼児)まで、往復最大6区間乗り継ぎ可能などとパッケージによってはかなり自由度の高い選択肢もあります。

 

ダイナミックパッケージのまとめ

 

飛行機と宿泊施設が自由に選べて、旅先でも豊富なオプションが選べます。そのためファミリーやカップル、多人数でのビジネスではダイナミックパッケージを利用するメリットが大きいです。例えば小さなお子さんや乳児がいる、足の不自由なお年寄りがいたり、飛行場や駅からすぐにレンタカーを利用したりなど様々なケースに対応できます。通常のツアーに比べて選択肢が幅広いです。

 

一人旅でも案外メリットは大きいです。急な休みが取れたけどホテルの手配にホテルまでの交通手段、ひとりで別々に全部予約するは面倒です。しかしダイナミックパッケージなら一人部屋を追加予約したり、出発ギリギリまで出発の5日前まで(ヨーロッパ・アメリカは7日前まで)申し込みができます。(会社によって違いはあります)

 

店頭販売の場合はパックツアーは航空券付きプランの予約は7日前ですがネット予約の場合は前日の15時59分までというのが多いです。ただし6日前以降は料金が高くなることがあります。以前は旅行代理店の店頭で時間をかけて相談しながら作ったプランが今の時代はスマホで完結できます。

 

※ANAの場合は前日の16時59分まで予約が可能など、航空会社やパーケージによって差があります。

 

※海外旅行の場合は同じダイナミックパッケージでも国内旅行より融通がきいたり、割安になることがあります。また、未成年者のみでのダイナミックパーッケージも可能です。(カジノのホテルなどは制限のある場合があります)

 

ダイナミックパッケージのQA

 

・ダイナミックパーケージでマイルは貯まる?

 

多くは区間マイルの50%でマイルが貯まります。

 

・特典は

 

多くの航空会社と同様にダイナミックパーケージでも早期予約は特典があります。夕食が無料や割引価格だったり、遊園地のパスポートが付いたり、割引チケットがあったりと会社によって様々な特典があります。

 

ダイナミックパーッケージにはある程度の制限はあります。しかしそれを補えるくらいの自由なプランとお手軽さは魅力です。

 

夏休みや冬休みにはダイナミックパッケージでの旅行を検討してみてはいかがですか?きっとお気に入りのプランが見つかります。

 

代表的なダイナミックパッケージ

 

楽天トラベルのダイナミックパッケージ

 

ANA楽パック

 

JAL楽パック

 

 

楽天トラベル

 

じゃらんのダイナミックパーッケージ

 

ANAじゃらんパック

 

JALじゃらんパック

 

じゃらんパック(JR+ホテル・宿)(JAL・ANA航空券+ホテル・宿)

 

ダイナミックパーッケージより安いパッケージツアーはこちら

 

JTRIP(ジェイトリップ)の国内格安ツアー

 

特徴は沖縄、北海道などリゾート地とダイビングやゴルフ、スノボなどの組み合わせが得意です。

 

 

ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)